2018年04月21日

Leqtique Maestro VPtP レビュー!TS系買うならこれで決まり!

 皆さんこんにちは。ミウラです。毎回同じ事言ってる気がしますが、またも更新が滞り気味、、、

 ただ、いつも通りマイニューギアの波は止まっておりません。今回は国産エフェクターブランドとして確固たる地位を築き上げたLeqtiqueが限定販売するMaestro(MAR)VPtPのレビューです。
Leqtique.jpeg
なんでまた買っちまったんだ
 いきなり懺悔からスタート。金もないのに。

 事の始まりは約一週間前。TwitterでTS系エフェクターとして未だ根強い人気を持ちながら長らく販売されていなかったMaestroがVPtPとかいうよくわからんバージョンで復活するとの知らせが。

 以前TS系を探していたときになかなか状態の良い物が出てこず断念したあのMaestroが。

 しかも先着者にはL'のcldが付属してくるだと?

買いました&届きました
 そりゃ購入しますわ。てことで今手元にあります。さっそくレビューしていきたいと思います。

 さて、このMaestroというエフェクター。以前Leqtiqueのレギュラーモデルとして販売されていたオーバードライブ・ブースターエフェクターです。

 モチーフになっているのはIbanezのチューブスクリーマー。徹底的なパーツ選定(多くのビンテージパーツが使用されています)などを通し、Leqtiqueが考えるベストのTSを形にした物がこのMaestroです。

 現在レギュラー販売されているMaestosoはいわゆるTSの弱点とも言われる低音やゲインなどを補い、単体仕様も十分に可能としたいわゆる「TS系」であるのに対し、このMaestroは忠実に古き良きTSを突き詰めたエフェクターです。

 つまり、こいつに歪み量とかを期待するんじゃねえぞ!てことです。見た目はなんかめっちゃモダンですけどね。格好いいマーブルカラー。

 さて、VPtPについてですが。単純に言えば基盤の導電部分である銅箔の厚みを非常に分厚くすることで、実質ポイントトゥポイント配線と同じ構造を実現した!という売り文句。一般的には音が太くなるとかなんとか言いますが非常に手間がかかるため一部の高級ハンドメイドエフェクターにしか採用されていません。それに近いと言うことです、つまり。

 まあそんなスペックはどうでも良いです、音が全て...

ハチャメチャに良かった
 音出ししてこれはずっと手元に置いておこう。と思いました。今まで弾いたTSの中で一番良いかもしれねえ。

 通常のTSと比べてどうか、という点で行きますとまず音の艶が良いです。高音がとてもスムーズに出るので、通常のTSで時に感じるこもりすぎ感は感じません。説明書の方にも「ハイエンドにまろやかなスムースさと金属的な鳴りの同居したユニークなボイシング」と書かれていますがまさにその通りだと思います(レビュー放棄)。

 TS系と違う、といわれるのはやはり低音でしょう。ごっそり消えます。低音欲しい人は回れ右。あくまでアンサンブルの中でギターを抜けさせたい、スムーズな歪みが欲しい、という方向けです。

 ゲインは割と稼げる印象、単体でも十分使えるなと思いました。トーンなど含め、どんな設定でも良い音します。

 あと、これはLeqtiqueの全モデルに共通することですが筐体の影響かノイズが少ない。普通のTSは結構ジージー言う印象がありましたが、これは良いですね。djent等のジャンルではハイゲインアンプや歪みの前でTSを踏んでローカット、という使い方が良くされますが、このMaestroはそういう観点からも使いやすいかと。

 とにかくこれはチューブスクリーマーファンにはおすすめ。売り切れ前にとりあえず手に入れても後悔しないと思います。

 
posted by ミウラ at 23:46| Comment(0) | 機材レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月19日

Sterling by Musicman JP70 レビュー!侮るなかれ、おすすめ7弦ギター!

 皆さんこんにちは。今日は私が一番最近買ったギターのレビューです。
JP70.jpg
 Sterling by MusicmanのJP70です。ジョンペトルーシ大先生のシグネチャーモデルとして大人気を集めているMusicmanのJPシリーズ。廉価版ブランドであるSterlingでも販売されているんですね〜現在(2018年2月)JP60,70,100,150,157などいろいろ出ていますが、私が買ったのは最も安い7弦モデルJP70。

 各機種のスペックをなんとなく並べてみると、、
JP60 バスウッドボディ、メイプルネック、ローズウッド指板 オリジナルピックアップ

JP70 上記の7弦バージョン

JP100 マホガニーバックにハワイアンコアトップ、メイプルネック、ローズウッド指板、Dimarzioピックアップ

JP150 マホガニーバックにメイプルトップ、メイプルネック、メイプル指板、オリジナルピックアップ

JP157 上記のローステッドメイプルネック(加熱処理をして耐久性とか響きをよくする効果があるらしい)、7弦Ver.

 て感じ。JP100だけスペックに力入りすぎでは?ちなみに全部メイドインインドネシア。

 おそらくギタリストの中で意見が分かれるものとしてバスウッドボディはどうなのか。。。というのがあります。メイプルと組み合わせるとかなりいいらしいですが。私の場合Ibanezの件もありましたし、Musicmanの名を廉価版とはいえ背負っているし、いい音するだろうということで購入。The Enemy Insideをコピーしたかったのです。

 実際に使ってみて
 廉価版とはいえ8万円ぐらいはするこのモデル。ただ相応の価値はあるな、というのが感想です。

 まずは見た目から。私が買ったのはパールメタリックのレッド。これはかなりかっこいい仕上げです。丁寧にできています。指紋が目立つのは仕方がないかなと言ったところ。インレイやヘッドもきれいです。

 肝心なのは使い勝手ですね。ペグはロックペグ、ブリッジはオリジナルのシンクロナイズドですが、アームの可変幅はフロイドローズ並みです。ですがチューニングの安定性がすごい。ここは感動しました。しっかり調整してあればロック式トレモロはいらないと思わせます。

 コントロールはボリューム、トーン、3Way切り替えスイッチ。特に不満なし。

 オリジナルピックアップは思ったより、というか結構いいです。Dimarzioに全力で寄せた音がします。リードプレイにはばっちし。かなり高出力です。低音の解像度はさすがに甘く感じたのでこの点に不満を持たれる方はいると思います。

 そして最後にネック。Musicmanのギター、ベースでは毎回言われているようにネックが弱いという特徴がやっぱりありました。7弦だと張力も大きいため、張り立てだと反りはどうしても大きく出てしまいますね。落ち着くまでしばらく我慢が必要かな、と思いました。

 しかし弾きにくすぎ!というほどではないです。セッティングをしっかり追い込みたい方はナットの調整も込みで考える必要あり。というレベル。どうしても24フレット構成のためハイフレットでの音詰まりが単純にサドル調整をしただけだと起こりやすいので、トラスロッド調整も場合によっては必要か。ただあんまり触るべきではないと思います。

 フレットの仕上げは丁寧。ローズウッドはかなり質のいいもののように見えます。指板のRも平らすぎることもなく、持った感触は本家譲りです。友人のMusicman(USA)と比較してみましたが、多少ファットに仕上げられています。ハイフレットの弾きやすさはトップクラス。

 スケールは25.5インチのため、テンションは7弦にしては緩めですね。太めの弦を張りたくなる人もいると思います。

 こんな感じです。悪いところもしっかり書きましたが、私はかなり気に入ってずっと使っています。セッティングをしっかりとすれば、本家を買わなくても満足できるポテンシャルは十分あるように感じました。初めての7弦ギターをどれにしようか迷っている方、お試しあれ。

posted by ミウラ at 17:09| Comment(0) | 機材レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月18日

Ibanez Tube Screamer mini レビュー!コンパクトTSの決定版。

 皆さんこんにちは。ここしばらく投稿が滞っており、すみません。。。今日は久しぶりのレビュー記事です。

 最近買ってこりゃ良い!!となっているエフェクターがこちら。

 IbanezのTube Screamer MINIです。TS-9とTS-808を販売しているアイバニーズが出すコンパクトサイズのチューブスクリーマー。

 チューブスクリーマー(TS)は真空管アンプや歪みエフェクターのブースターとして非常に高い支持を得ているエフェクター界のキングともいえる存在です。

 オンにすると低音がごっそりと削られ、ミドルが追加されるので、単体だとこもって抜けが悪い音に感じる方も多いと言われているようですね。。。しかしこの特性により、バンドで使用した時などには不必要な帯域がなくなることで抜けが良くなるように聴こえるという強みがあります。

 特にシングルコイルのギターと相性が良いとされ、ハムバッカーのギターだと避けられる傾向がありました。SRVやジョンメイヤーの影響で特にストラトユーザーが多く使っている印象。しかし最近はdjent(ジェント)などではむしろ必須アイテムになりつつあります(後述)。

 さて、今回紹介するTS MINI。緑色の筐体に3つのノブ。真ん中の一番大きいノブがゲインになっている以外は非常にオーソドックスな構成になっています。

 そしてトゥルーバイパス。サイズはmooerなどのミニペダルと同じです。良く詰め込んだな。電池は使うことができませんが仕方なし。

 音ですが、これが非常にいいんです。通常サイズのものと比較しても劣っているところはありません。王道TSサウンド。各ノブの効きも問題なし。単体での歪み量はそれほど高くないところも本元通り。トーンはがっつり効きます。

 最初はTS9の音を想像していたのですが、なんか違うなあと思っていたら開発の元ネタにされたのはTS808だそうです。

 フルサイズ版のTSと比較するといくつか違うところがあります。TS9がかなり極端にミドル偏重であるのに対し、MINI版では少し抑えられているのと同時に中高域の部分がしっかり出るので、より明るく爽やかなテイストになっています。またノイズもかなり減っており、もちろんジーっという特有の音は入りますが、かなり扱いやすくなったのではないかなと思います。

 総じて使い勝手、音の面で少しモダンになったTSという印象を受けました。極端に古臭いTSサウンドではないので、そこはご注意。

 ハムバッカーとの相性もいいですね。ミドルのブースト具合がちょうどいいので、音の濁りを感じることもないです。Peripheryのようにハードな音楽にもしっかりと使えそうですね。

 注意点としては少しモダンな音ということ、電池使用不可というところですね。正直このお値段(6~7千円前後)でこのクオリティ。大半のTS系ペダルに引導を渡す製品といえそうです。
posted by ミウラ at 14:08| Comment(0) | 機材レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする