前の記事 TOP 次の記事

2017年10月19日

ウクレレを買いました。Kanile'a K-1のレビュー サイズとメーカーについても。

皆さんこんにちは。ここ最近ずーーーっと雨が続くし、意味わかんないぐらい寒いし、気分は少し憂鬱。

さて、今回は夏の終わりに私が買ってしまったマイニューギア、Kanile'a(カニレア)というメーカーのウクレレ、K-1についてレビューしたいと思います。果たしてこのブログの読者さんにどれくらいウクレレに興味を持っている方がいるのかわからないですが。まあとりあえずいってみましょう!!皆もウクレレ始めようぜ
IMG_2663.JPG
私がまさに買った個体の写真です。
そもそもなぜ買った
自分に聞きたいです。ギタリストのはずなのに。

真面目に答えると、昔から家にボッロボロの激安ウクレレがあって、ちょくちょく触っていたのですが、流石にしっかりしたやつが欲しいなあと思いまして。ギターに比べてかなり小さいですし、持ち運びもしやすい。時間の空いた時に気軽に触れますし、音もアコースティック編成のバンドとかでかなり良いアクセントになるのでしっかりやってみようと思った次第です。

そこで選び始めましたが、迷うのはサイズとメーカーですね。

どれにしようの巻
先ずはサイズ。ウクレレにもギターと同じようにサイズが何種類かあります。バリトンはもうほとんどギターなので除外。ソプラノ、コンサート、テナーで迷います。

ソプラノは1番小さいやつ。ザ・ウクレレの音色が出ます。コロンコロンとした可愛らしい音。ルックスも最高ですね。女性が持つと魅力が50倍になります。だがしかし私(180cm)には小さすぎる……ソロ弾きをするにもフレット数が足りない。ロングネックといってスケールが長く、フレット数も多いものもあるのですが、個人的には後述するようコンサートの方がしっくりきました。

コンサートモデルは1番普通のサイズですかね。でも皆さんが想像するウクレレはソプラノだと思うので、少し大きいと感じるかもしれません。ボディサイズが一回り大きくなり、低音のふくよかさが出てきます。ウクレレらしい音は健在。こちらはネックも長くなります。個人的にはこれがベストでした。ウクレレの音がしっかり出ますし、ソロ演奏もしやすそうだったので。

テナーモデルは更に大きいです。ミニギター一歩手前ぐらい。男性はこれがスタンダードサイズらしいですが、自分が触った時はどうしてもウクレレらしさをあまり感じられず…サイズが大きくなると音がギターよりになってくるんですよね。弾きやすさ、音のバランスは素晴らしかったですが、ギターもあるのにわざわざウクレレを買うという今回の目的には微妙に感じたので、パス。でもソロ弾きをするならやっぱりテナーがベストだとは思います。実際に触ってみて判断するのがベストですね。

ちなみにボディサイズが小さいと音量が…といったことはしっかりとしたモデルならほとんど感じませんでした。

さて、お次はメーカー。どうしてもハワイアンコアのウクレレに憧れがあったので、どうしても価格は5万円以上になってしまいます。最初はT'sのウクレレにしようとしたのですが、、、やっぱりメイドインハワイがそのうち欲しくなると思ったので、奮発することにしました。機材を売ってお金を貯めました。。。

とはいえ、ハワイのメーカーもいっぱい。

まずはKoaloha(コアロハ)を触ってみました。かなりボディが軽いです。良いウクレレは無駄を削ぎ落としている・良い材を使っているために基本的には軽くなる傾向にあります。アコギも同じでしょうか。もちろん例外はあります。コアロハは中のライニングを省き、軽量で鳴りの良いウクレレを作っています。音がとにかく明るくて、元気。悪く言えば少し軽い。個人的にはネックの質感があまり好みではなかったです。またライニングを省いていることから強度の面も不安がありました。破損がよくあるようで。ただやはり音色はいいですね〜〜独特のヘッド、サウンドホールなどルックスの可愛らしさはかなりのものです。女性にオススメしたいメーカーかもしれません。

次はKanile'a。音色が全然違いました。音が太いですね〜〜柔らかさと迫力を兼ね備えています。ソロ弾きで使いたい音色です!!これは。ルックス、ネックのフィーリングも良いです。ところどころ構造が妙に近代的なのが面白いです。なんかTaylorぽさを感じるなあと思っていたらまさに協力関係にあるようで。びっくり。塗装のツヤやブリッジがそっくり。このメーカーはブレーシングに穴を開けることで鳴りを良くしようとしています。ヤイリのエアリーブレーシングと同じ考えですね。木目も非常によく、これに決めました。

kamaka、、、、高すぎて断念。。。。(試奏すらしませんでした) 聴かせてもらった感じ、正統派です。音は。あとやっぱし風格がありますね。いつかはテナーサイズを手に入れたいかも。

実際に触ってみた
いやーーーーやっぱし安物とは全然違います。当たり前。音量がまず出ますし、音の充実感が素晴らしいです。程よい太さ、そしてハワイアンコア特有の明るく乾いた高音。ローコードからハイフレットの単音まで良く響きます。
IMG_2656.JPG
ハワイアンコアの木目も素晴らしいです。フレイムが浮き出てきます。トップだけでなくバック、サイドにも出ている強烈なタイプ。これでレギュラーモデル、かなりの当たりだと思います。チューニングの精度も一切問題なし。ハワイ製のウクレレは作りが…という話を聞きますが、全く問題ないですね。所有欲の満たされっぷりはすごいです。

とまあ、現在の時点で書けることはこれぐらいでしょうか。満足度高い。ただお値段も高い(10万)。。。

安めのウクレレならやっぱりfamousですね。中華ウクレレもいいとは思いますが、やっぱり細部の仕上げ、重量、鳴りだけではなく音の質が違うように実際触ってみて感じました。ウクレレに何万は高い。。と思う方も多いとは思いますが、ギターよりは安いからな!!!ハイエンドが20万で買えるんだぞウクレレは!!金銭感覚の麻痺。てな感じでした!!あばよ!!


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

posted by ミウラ at 14:05 | 機材レビュー

前の記事 TOP 次の記事

人気記事




    Powered by Seesaa