2017年09月10日

テレキャスターのサドルを交換してみよう!!

 皆さんこんにちは。今日はみんな大好きテレキャスターのお話。

 まさにFenderエレキギターの元祖といえるテレキャスター。ルックス、音、どちらも私は大好きで長年使用しています。どんなカラーリング、材質、指板でもかっこいいなんてギター、そうそうありません。ギタボでも、りードで使っても良いですし、ジャンルを選ばない。ハムを載せても映えますね。テレキャスター警察の摘発を受けることになってしまいそうですが。

 そんなテレキャスター。もちろんすべてが完璧な構造ではなく、しばしばその欠点を克服するために様々な改造が施されます。フロントの出力が低いからハムバッカーを乗っける、ハウリングを抑えるためにブリッジプレートを重くする、、など。今回私がしたのはブリッジサドルの交換です。

交換の理由
 今回交換するに至った理由は二つ。オクターブチューニングの改善と音色の追い込みです。

 自分のテレキャスターはFender Telebration 60th Lite Rosewood Telecasterというもの。スプルースをローズウッドで挟んだボディにローズ指板、メイプルネックというかなり不思議な木材の組み合わせのものです。音はアルダー製のテレキャスター寄りと思ってもらえれば。それより少し柔らかくプリッとした音ですが。純正のブリッジサドルはスチール製のスパイラルサドル。溝が彫られており、この間に弦が乗ることでずれないようにする構造。オリジナルでは1958年から1968年までの仕様です。見た目はかなり渋いですね。ビンテージぽい。

 まあ、ほとんど不満はなかったのですが、PRSやIbanezを弾いた後だとどうも気になってしまうのがオクターブチューニングの狂い。テレキャスターのブリッジサドルは基本的に3Way。弦ごとに細かくセッティングすることは不可能なので、どうしてもハイフレットでの演奏やコードの響きの悪さが気になっていました。

 また音色も単体で弾いていればまろやかでいいのですが、テレキャスターにしてはかなり高音がおとなしくまとまっている音でした。個人的にもう少し抜けてほしかったので、材質を変えてみたらいい方向に動くかな??とも思いました。

選んだサドル

 さて、交換しようとはいっても毎回のことですが悩みます。同じ悩みを持ってる人はいっぱいいるみたいで、各社様々なものを出しています。

 まずは3Wayか6Way(ストラトキャスターの様に各弦独立してるやつ)。個人的には3Wayじゃないとテレキャスターではないと思っていたのでこれは前者で決まり。

 材質は見た目も好きですし、高域が欲しかったので響きのよさそうなブラス製に。音が暴れやすいとも聞きましたがむしろそのほうがありがたいなと。

 オクターブが合う3Way、ブラス製となると選択肢は限られてきます。サドルを傾けて合わせるタイプのやつはいやだなあ。。。ということで私が選んだのはこちら。


 信頼のGotoh。ブラス製で見た目は通常の3Wayですが溝がオクターブが合うように計算されて切られているものです。お値段4000円。安くもなく高くもなくといったところですが果たして。。

変えた結果
こんな見た目になりました。
unnamed (2).jpg
 結構いい感じ!見た目は合格。

 オクターブチューニング、大改善。何の文句もないです。音も低音が落ち着き、プレーン弦がかなり前に出てくるようになり、まさに狙い通りの結果が得られました。これ以外に本当に言うことないです。バリなどは全くないですし、サドル自体の出来は非常に良いです。ちなみに元が悪かったわけではないからか、サステインはあまり変わらず。

 正直全てのテレキャスターユーザーにお勧めしたいです、これは。安ギターのやつをこれに交換してみても面白いかも。ぜひ皆さんもお試しあれ。チタン製もあるのでお好みで。



posted by ミウラ at 08:30| Comment(0) | 機材レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月21日

BOSS MS-3 レビュー!ボードの軽量化に最適でした。

 皆さんこんにちは。ミウラです。

 いやはや、東京はもう雨がひどすぎて最悪ですね。予定は潰れるわ気分は晴れないわで引きこもり練習がはかどってます。ポジティブに行きましょう(笑)

 さて、今回BOSSから今年6月に発売されたマルチエフェクターの機能を持つ新型スイッチャー、MS-3のレビューをしていきたいと思います!!


普通のスイッチャーから乗り換えた理由。
 複数のエフェクターを同時にオンオフすることができるスイッチャーという機材。どうしてもリードギターパートだと必要になる場面も多く、実際に導入している方も多いと思います。ハードロックとかパンクとかならいらないとは思いますが、フュージョンとかだともうあほみたいにエフェクト切り替えますしね。昔はかなりの高級品でしたが、最近は安価なものも出てきたり、MIDI機能を搭載しエフェクターのパッチ切り替えとかもスイッチャー側でできるものが登場したりと、群雄割拠の様相を呈しているように思います。

 しかしステージ上で演奏する際には非常に便利なものなんですけど、アマチュアギタリストにとってはかなりデメリットがついてきてしまうんですよね。実際に今使ってる方はわかってくれるんじゃないかな??てのを以下。。。

@お金がかかりまくる
 スイッチャー本体で数万円、直列から移行するときに必要な追加のパッチケーブル数千円~数万円、ボードもでかいのかって、パワーサプライも容量のでかいやつ、、、 学生さんにはかなり厳しそう。

A重い。ボードが。でかくなるし。
 必然。車があればいいですが電車とかキッツい。キャリーとか使うのもアリですけどふとした時に「俺、何してるんだろ、、」てなります() 結局歪みとマルチストンプだけとか持ち歩いて本末転倒。

B機材トラブル
 ケーブルが増えるのでどうしても接続不良が起きがちです。自分も過去に一回ありました。焦った。

Cなんか音悪くない。。。?
 バッファおいてもスイッチャーが安物だとなんか音が濁ります。FRTのやつぐらい物が良ければそんなことはありませんが。


 とまあこんなことがいろいろあって、悩んでた時に出たのがMS-3でした。

MS-3の何がいいのよ
 BOSSのMS-3。今までのスイッチャーと何が違うんでしょうか。

 それは内部にマルチエフェクターを内蔵しているということ。仕組みとしては外部のエフェクターを接続できるループが3つあるのですが、パッチの設定においてMS-3が内蔵しているエフェクトと組み合わせて音を作ることができるのだ!!

 つまり、外部にディストーションをつなげた時、まず中オートワウを通し、ディストーションにいってまた中のノイズフィルターを通し、ディレイをかけるなんてことができるんです。MS-3本体には歪み、ブースター、空間系、モジュレーションなど我々が世間で目にするエフェクトはほぼ全部入ってます。合計112種類。同時使用は6台プラス外部エフェクト3台の計9台。実際MS-3だけでも十分使えます(笑)ベース用のエフェクトも内蔵してあるのもめちゃくちゃ強いです。

 このMS-3をお勧めしたい人は「このエフェクターは絶対に外せないし外部接続して使いたい、でも空間系をすべて用意するとお金もかかるし、重いし、音の劣化も気になる、、、」という人でしょうか。

 僕はOvaltoneのQ.O.O(レビュー記事)とJetterGearのTraindrive(レビュー記事)というエフェクターが大好物で、これは外せねえ!!と思ってたので、現時点では大満足しています。

IMG_0720.JPGこれが

IMG_1862.JPGこう

実際に使用してみて感じたこと。音編
 まずは内部エフェクトのクオリティですが、なかなか良いんでないか??と思います。もちろん私の持ってるStrymonのペダルと比較すると透明感では劣るように思いますが、いやでもこれライブで使ったら違いそんなにでなくね??となって今はもう全部外しちゃいました。

 基本的にやはりBOSSのコンパクトエフェクターの音色に寄せていると思います。特にディレイはなかなか良いと思いました。種類も豊富ですし、設定が非常にわかりやすいですね。あとコーラスは二種類しかなく、少し不安だったのですが、音色はとても好みのものでした。アナログコーラスが好きな人は外部エフェクトとして用意しておいてもいいかなとは思いましたが。

 少しうーーん、と思った点としてはテープエコーは少し微妙かなあと。個人の感想ですが、こだわる人ならこれも外部エフェクターを使ってもいいかも。El Capistan(レビュー記事)は本当にお勧めです。あとリバーブもこだわる人は外部エフェクターの追加を考えてみてもいいかもしれません。

 ちなみに僕はあったほうが好きだなって感じだったのでとりあえずEP(レビュー記事)繋いでます。

実際に使用してみて感じたこと。コントロール編。
 正直できることありすぎてまだ自分も全然使いこなせてないです。パッチの作成は超簡単。ちゃんと説明書読めば一発で行けると思います。下の4つのフットスイッチで切り替えが可能。右側と左側それぞれ二つを同時踏みでバンクを切り替えられます。簡単。

 上側のスイッチはミュート&チューナー機能(なかなかこれが視認性良くて気に入ってます)とコントロールの切り替えができます。フットスイッチ一つ一つにエフェクトを割り当ててコンパクトのように切り替えることもできます。踏んでる時だけ発振させるとかも。

 各スイッチに特定の役割をアサインすることもできます。すでにオンになっているスイッチを押すことでまた音色を変えるCurrentNumberの機能はなかなか使えるらしい。まだ使ってない。

 あとはMIDIの操作も可能です。ループに入れずにインプット・アウトプットからMIDI対応エフェクターに通せば3つのループを使わずに外部エフェクトを追加できます。

 欠点をあげるとすれば3つの外部エフェクトの並び替えや間に内臓エフェクトを入れられないという点ですね。ご注意を。僕は今歪みしか入れてないので支障は感じてませんが、外部エフェクターで歪みとディレイを使って間に内部のコーラスを挟めないのは人によっては致命的なのでは?と思います。。当初言われていた音切れは私の個体では感じませんね。。。強いて言えばバンク切り替えの時一瞬、、あるかな。レベル。

 フットスイッチの間隔が狭いため、足の大きめな人が足元を見ずに踏むとまとめて二つ踏んでしまいバンク切り替え場面に、ということが起きる危険があることは注意すべきかもしれません。何回かやっちまった。

 内部のバッファーをESシリーズのようにオンオフできないのも痛い。ファズなどを入れる際はこれまた致命的ですし、何よりも物によっては結構つないだエフェクトの音が変わるように思います。艶がなくなるというか。全てA/Dコンバーターを通されてしまうようになっているんですよね。

 あ、あとアウトプットの位置はもう少し考えてほしかった。L字プラグじゃないとモノによっては挿しにくい位置にあります。。。

その他
 まあこのサイズ(横275mm、奥行き97、高さ68)、この重量(1.1Kg)で自分の場合空間系などエフェクター3つ・チューナー1つボードから減らせたっていう、自分的にはそれだけでOK。ボードのスペースがら空き。だいぶ軽くなってとても楽です。

 いつの間にかボードが巨大化してしまった人、新しいスイッチャーに悩めるギタリスト、ベーシストに強くお勧めします。ただ、音に究極的にこだわる人は上記の点をしっかり認識したうえで考える必要があると思います。Twitterよろしく!!
 
posted by ミウラ at 16:14| Comment(0) | 機材レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月18日

結局、初心者はどんなギターを買えばいいの?個人的に思うこと。エレキ編

 皆さんこんにちは。ミウラです。もう、こればっかりは永遠に尽きないんじゃないか、という話題があります。それはギターを初めて買うとき、どんなタイプの、どんな値段のものを買えばいいのか、というもの。多分この記事を見に来てくれた皆さんもこの悩みを抱えてきてくれたのでは?と思います。今回はこれについて、エレキギターについてですがつらつらと書いていこうかと。

現在の自分の環境
 さて僕がギターを触り始めたのは高校生のころ、親のアコギを借りてじゃかじゃかしてました。当然エレキに興味を持つことに。そんなこんなでいろいろ試しまくって、現在は4本所持しています。

 まず最初に持ったのはグラスルーツのストラトキャスター。

 新品35000円。先輩から譲ってもらう形で手に入れました。現在は僕の後輩へ受け継がれています。

 二本目はFender USAのTelebration Lite Rosewood Terecasterという超マイナーな奴。
FenderLiteRosewood935.jpg
http://markweinguitarlessons.com/forums/threads/2011-fender-tele-bration-lite-rosewood-telecaster.59183/
テレキャスターの販売60周年の記念モデルだったかな?楽器屋でひとめぼれ。中古17万。一気に高いの買いすぎですね。このころは何がいいんだか悪いんだかもよくわかってなかった気がします。現在もレギュラーとして活躍中。

 三本目。Fender USA Jeff Beck Stratocaster。

中古9万円。どうしてもテレキャスターでは出力が足りない場面があって、買いました。今は手元にはないです。

 四本目。PRS!!!!!Custom 24 KID limited。
IMG_0115.JPG
中古25万。まあ文句なしに最高ですね。

 五本目。Ibanez RG2570MZA。

フロイドローズが欲しくて。。。中古8万円。今も活躍中。

 六本目。Squier Classic Vibe Stratocaster 60's。

ネック折れしてたのを1万3千円で買って直して使ってます。元気。

 とまあ、、、もうハチャメチャですね。こんだけ買って気づいたこと、書いちゃうぞ〜

どんなタイプのギターがいいの?
 やっぱり目指すスタイルによると思います。あなたの目指すタイプがロック!!!バリバリリードギターで、太い音出したい!!て感じならなんやかんや言ってもハムバッカー乗ってるやつが楽です。多くの人のイメージするバンドをするなら、レスポール、SG、ES335タイプがやっぱりベスト。スケール(弦長)的にもチョーキングがしやすかったりするのでお勧め。難点としては重いのと、僕が持つと死ぬほどに合わないところです。難癖。

 同じハムバッカーでもメタルとか、プログレとかならIbanez、Musicmanあたりでしょうか。もう大好き。扱いは少し難しい気もしますが。とにかくハイパワーで抜けるので、y田者に合わせるときとかは結構気を使います。インストなら暴れられます。

 いやいや、音の透明感、スタイリッシュさ、キレ、テクニックや!!て人はストラト買ってください。僕はこっち派。シングルコイル大好き。最初のころは何にもわからんし、細くてキンキンする音ばっか作ってました。上手い人に持たせると本当に魔法がかかったような音がします。


 ギタボ?テレキャスターかムスタングかジャスマスターあたり持っとけ。いいぞ。

 フルアコはバンドで使うとなるとかなり覚悟が必要だと思います。YESという先駆者はいるにはいますが。

値段、メーカーはどうすれば??
 まあ一番はここでしょう。タイプを決めても、おんなじ見た目に見えるのに、かたや5000円、かたや50万といったギターが並んで待ち構えているのが楽器屋です。わかんないから店員さんに、、、といってもわからず、、ネットで調べたらそのメーカーが悪評だらけだったり、、、と。身近にアドバイスしてくれる人がいればいいんですけどね。以下は私の完全な個人的な意見ですのであしからず。

 まずメーカーですが、それぞれのメーカーにターゲット層があります。それを理解せずにネットでは特定のメーカーをたたく、といったこともちょくちょく。値段の安いメーカーに対しつくりが悪いゴミとか、高いメーカーにぼったくりだとか。激安ギターはちょこっと触ってみたい人とか、大改造したい人向け、高いものはコレクター、上級者向けです。そもそもたたいてる側の人たちはそこから外れている人が大半であると思います。本当にうまい人はどんなギターでも偏見を持たずに弾きこなすことができるのが普通なので。そんな話に影響されず、自分がいいと思ったものを選べ、ということが言えると思います。

 自分でしっかり考えて買うことを決めたものならそうそう飽きることはないでしょうし、もしそれが外れだったりしても、次のギターを選ぶ際にはもう間違えることはないですから、いい経験になります。

 つまり、自分が気に入ったものなら何でもいいということ。

 値段に行きましょう。数千円クラスから100万円クラスまで触ったことがありますが、僕が感じたのは以下のような感じ。

〜2万円 さすがに粗雑な作りのものが多いですが、近年は徐々に良くなってきていますし、雰囲気を楽しむには十分。これから入っても問題ないと思います。お勧めメーカーはBlitz。マジでいいです。


〜5万円 Squierの上位機種などが範囲に。正直これで初心者の間数年は十分だと思います。個性は薄いものの、クオリティは十分。プロでもこの価格をガンガン使ってる人はいますね。Jack Thammaratとか。お勧めメーカーはSquier。僕の持ってるClassicVibeはかなりの出来です。


〜20万円 それぞれのメーカーの個性が如実に感じられるように。一生これでも十分。上がるにつれて細部の装飾などもこまかくなってきます。いきなりこれを手にすると、モチベ半端ないです。僕はやっぱりFenderが好きだなあ。

〜それ以上 こだわり派のあなたはどうぞ。沼です。PRSはいいぞ。Strandberg欲しい。


 まあ、早い話が楽器屋めぐって、触ってみるとよいです!!(あるある結論) Fender系ギターは安い価格帯でも比較的良いものに巡り合うことが多かったです。MasonとかSquierはお気に入りメーカーですね。5、6万で満足度がかなり高い。中古でFender MEXも良いですね。

Gibson系のギターはどうしても安い価格のものは好きになれないです。Blitzを除いて。構造上仕方ないのかもしれませんが、本家Gibsonのレギュラーラインですら少し微妙なものがあるレベル。

結局ギターにはまれば本数は増えちゃうから、好きなやつ買おう
 ああ。ひどい。世の中上手くいかない。結論はこれです。気に入ったやつ買え!!以上!!あばよ!!


posted by ミウラ at 00:12| Comment(0) | 雑談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする